FX有料情報暴露カテゴリの記事一覧

スプレッド


管理者のオレクラノンはFXのことが全くわかりません。ふらふら
この有料FX投資情報の有益性は読者のみなさんが判断して下さい。m(__)m
こんなFX情報を暴露しても意味がないって怒らないで下さいね。
最初に言いましたがオレクラノンはFX投資をしたことがないんです。(><)



*****************************

figure1.JPG


上のチャプタは7月8日の注文画面ですが通常5銭のスプレッドが10銭まで開いてます
スプレッドは各証券会社の確定事項ですのでここに差が出ると言うことは例え1銭でも
サインとなります

「解説」
いきなり10銭ものスプレッドが出現するわけではありません、画面をより分かりやすくするためにここまで引っ張りましたが予兆は少し前から出ておりました

ここでの取引方法についてですが明らかに上昇または下降に相場が大きく変動していることがわかります

ポイントは売り・買いのいずれのポジションをとれば良いのか?と言うことになります

そこで重要になるのがチャートの画面上のティックチャートになります

この画面は相場の動向を頻繁にラインで現しますので瞬時に動きを察知することが出来ます

3分足又は5分足等を眺めておりますと後手に回ることになるので気をつけてください

取引の流れをもっとも簡単に理解いただくために下記に記載いたしました

@ 数時間の相場の動きを4画面(注1)で確認し大まかなトレンドの推移を予想する
A 取引画面でスプレッド(注2)が開くまで待つ
B サインを確認したらティックチャート(注3)確認
C ポジションを取る
D 予め決めた価格で約定
(注1・トレーニング画面中で選択)
(注2・売値と買値の差)
(注3・トレーニング画面中で選択)

「厳守事項」
スプレッドが開いている状態では逆を言えばその証券会社の開示情報では確実な売値と買値が分からない状態です
従って約定させる際は他の証券会社の提示を参考にする必要があります
他の証券会社(トリフォでなくとも良い)での表示が面倒な場合はポジション状況を確認すれば金額にしていくら儲かっているか、又は損失が出ているかが分かります

最上段のチャプタ画面はスプレッドが開いている段階では全くあてにならない数字とお考え下さい




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。